プロジェクト
  • プロジェクトメンバー募集中
  • プロジェクト準備中

釣り人参加型のカワウ飛来調査プロジェクト(調査アプリの開発)

「日本製カワウGPSロガーを開発し、全国のカワウ対策を手助けするプロジェクト」の課題ページ内での議論において「カワウを発見・通報する仕組み」に関する提案があり、このことについていくつかの意見や提案がなされてきました。
さらに、既に進行中のプロジェクトであるGPSロガー開発・実証の審査会においても、審査委員の方々から「ロガーだけでなく、目撃情報をデータ化することによってもカワウの飛来状況を把握できるのではないか」という意見がありました。
GPSロガーは装着したカワウの”正確”な飛行履歴を取得することができますが、カワウを捕獲して装着する必要があるため、多くのデータを集めるには限界があります。
一方で、カワウを発見・通報する仕組みは、取り扱いを容易にすることで多くの方の協力により”多数”の飛来情報が取得できるため、GPSロガーによる調査との相乗効果によりカワウ対策につながるような情報収集に非常に役に立つと考えています。

カワウ対策は漁協のみならず、余暇において釣りを楽しむ一般の方々にとっても関心が高く、多くの協力が期待できることから、こうした方々の協力を得るための仕組みや運用等をぜひプロジェクトで検討していきたいと考えています。

課題

プロジェクトメンバー

  • 1